HOME地方自治法施行60周年記念千円銀貨 > 地方自治法施行60周年記念千円銀貨 大分県

地方自治法60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セット 大分県

図案

宇佐神宮と双葉山

サイズ

直径:40.00mm
品位:銀1,000
量目:31.1g

発行年

平成24年9月

買取価格

Aセット

2,500円

Bセット

2,800円

Cセット

2,600円

地方自治法施行60周年を記念して平成20年度から10年にわたり47都道府県ごとの図柄により、造幣局が順次発行する銀貨です。記念貨幣にはそれぞれの都道府県にちなんだ図案が描かれたカラーコインで千円銀貨はすべて記念貨貨幣セット(プルーフ)で発行されています。
大分県の図案は『宇佐神宮と双葉山』
▼宇佐神宮
全国4万余りあるとされる八幡社の総本宮で、725年に本殿の一之御殿が現在の地に創建されたと伝えられています。現在の本殿は江戸時代末期に建築されたもので、昭和27年に国宝に指定され、平成24年で60周年となります。
▼双葉山
大分県宇佐市出身(西暦1912年~1968年)大相撲の第35代横綱です。昭和11年から昭和14年にかけて達成した69連勝は、70年以上経った現在においても最多記録となっています。昭和21年に35歳で断髪し、年寄時津風を襲名しまし、その後も財団法人日本相撲協会理事長を務めるなど、角界の発展に貢献しました。

宅配買取キット申込