HOME地方自治法施行60周年記念千円銀貨 > 地方自治法施行60周年記念千円銀貨 群馬県

地方自治法60周年記念千円銀貨幣プルーフ貨幣セット 群馬県

地方自治法思考60周年記念千円銀貨 群馬県

図案

富岡製糸場 東繭倉庫と工女

サイズ

直径:40.00mm
品位:銀1,000
量目:31.1g

発行年

平成25年6月

買取価格

Aセット

2,500円

Bセット

2,800円

Cセット

2,600円

地方自治法施行60周年を記念して平成20年度から10年にわたり47都道府県ごとの図柄により、造幣局が順次発行する銀貨です。記念貨幣にはそれぞれの都道府県にちなんだ図案が描かれたカラーコインで千円銀貨はすべて記念貨貨幣セット(プルーフ)で発行されています。
群馬県の図案は『富岡製糸場 東繭倉庫と工女』
▼富岡製糸場
明治5年(1872年)に、当時日本の最大の輸出品であった生糸の大量生産と品質向上を目的に、明治政府によって創設されました。西洋の機械による製糸技術を取り入れ、その後国内各地に創られた製糸工場の模範となるとともに、蚕の品種改良にも取り組み、日本の蚕糸業発展の中心的役割を果たしてきました。昭和62年に操業を停止しましたが、東繭倉庫をはじめ、創業当初の主要な建物がほぼ当時のまま現存しています。平成 17 年に国の史跡指定、平成 18 年に国の重要文化財に指定されました。
▼工女
富岡製糸場では、創業当時、全国から集められた 400 人以上もの工女が繰糸(そうし)作業に従事し、ここで身につけた技術をそれぞれの出身地に持ち帰り、地域の製糸業発展に寄与したと言われています。

宅配買取キット申込